レディース向けサイフおすすめサイト情報

TOP > レディース用のお財布について > ネット通販やカード社会の普及で役割が減った財布

ネット通販やカード社会の普及で役割が減った財布

 日常生活を送っていれば毎日、電車やバスに乗り、必要とする商品やサービスを購入するのにお金が必要ですから、外出の際、一定のお金をポケットや財布に入れています。お金が大きさや形の異なる紙幣や硬貨なので、ポケットに直接入れていると紙幣や硬貨がごちゃごちゃになり、収拾つかなくなってしまうことになります。このため、小銭入れと札入れ用のついた二つ折り財布を持っている人が多いようです。
 特に、消費税がかかり、価格が1円刻みになった頃からは小銭入れの重要性が高まりました。外出して電車やバスに乗り降りし、スーパー等で欲しい商品を購入したり、あるいは、レストランでの食事の支払いや銀行等で色々な決済でも1円刻みが多くなり、お金を財布や小銭入れから出し入れしたり、おつりを財布にしまう手間がかかるようになりました。


 しかしながら、かつてはこうした動作をイライラすることもなく、淡々と財布からお金の出し入れを繰り返していました。お金の出し入れするついでにファッション感覚にデザインされたメンズ用の財布を持ち歩いて楽しんでいる若い女性もいるくらいです。
 ところが、インターネットの普及により金融機関の口座振替で決済するシステムが普及してくると、クレジットカードや電子マネーを持ち歩いていれば電車やバスの乗り降り、商品やサービスの購入にお金を持ち歩く必要性がすっかり減りました。
 人によっては財布からお金を出したり、おつりをもらって財布へ入れる動作を次第に面倒だと思うようになってきたようです。スーパーの買い物でもレジに並んでいて、自分の前にお金の支払いに時間のかかっている高齢者がいるとイライラしながら立っている人を良く見かけるようになってきました。
 ネット通販が普及しているので、店舗へ出向かずに必要な商品を宅配してもらって口座振替で支払いを済ませられるわけですから、財布を出し入れせず、また、出かけないで買い物を済ませることもできるようになったことが影響しているようです。


 お互いに他人の動作をゆっくり待っていることに耐えられない気持ちを持つようになってきたのかもしれません。
 こうして、ネット決済したり、クレジットカードや電子マネー支払いで済む便利な社会となり、日常的な買い物の好きな若い女性でもメンズ用の二つ折り高級牛革製財布にクレジットカードや電子マネーだけ持ち歩く時代ですから、お金を入れて持ち歩いていた財布の役割が変わりました。その代わりに財布からお金を出したり、おつりを財布へしまいながら行っていた他愛無い日常的なやり取りや会話をする機会が失われて、少々、もの淋しい気持ちを味わっている社会になりつつあるようです。

次の記事へ

ページトップへ